千葉県・房総の魅力500選を楽しむブログ

歴史

歴史

1.千葉教会教会堂

歴史

千葉市

明治28年(1895年)にドイツ人の建築家リヒャルド・ゼールの手によって建設された洋風の教会堂。意匠が良いだけでなく設計者リヒャルド・ゼールを知るうえで歴史的価値の高い教会堂である。

2.旧大沢家住宅

歴史

習志野市

寛文4年(1664年)に建設された、上総国長柄群宮成村(現千葉県長生郡長生村)の名主を務めた大沢家の住居。昭和48年(1973年)まで使用され、現在は習志野市にある藤崎森林公園内に移築復原されている。東日本最古級の歴史を持ち、房総の古民家の形式を残す。

350年以上もの時を超え残る東日本最古級の古民家、旧大沢家住宅。
歴史

350年以上もの時を超え残る東日本最古級の古民家、旧大沢家住宅。旧大沢家住宅ってどんな場所?寛文4年(1664年)に建築されてから350年以上経つ江戸時代の古民家です。その歴史の深さは東日本最古級とも言われております。上総国長柄群宮成村(現千葉県長生郡長生村)の名主を務めた大沢家の住居として昭和48...

千葉県庁近くにひっそりと佇む千葉県の有形文化財、千葉教会教会堂。
歴史

千葉県庁近くにひっそりと佇む千葉県の有形文化財、千葉教会教会堂。千葉教会教会堂ってどんな場所?千葉市に立地する、明治28年(1895年)に建設された本格的な洋風の教会堂です。木造で落ち着いたたたずまいの教会堂であり、千葉県の有形文化財に指定されています。一部塔屋付きの二階建て、屋根は桟瓦葺(さんがわ...

トップへ戻る