↓ このサイトって?

 

「旅鉄」。それは鉄道の旅を楽しむ者のこと。様々な路線に乗って景色を楽しんだり、各地を巡ったりするのはいいものです。

だが、こんなことを思うことはないだろうか?

 

この駅の周辺には何がある?

終着駅の先にはどんな景色が広がっている?

列車の通っていないあの場所はどうなっている?

 

だったらそれを明らかにしてしまおう!!

旅鉄ブロガー「ジョセフ」が一人で千葉県を中心に、移動手段を列車と徒歩に絞って旅をし、鉄道駅周辺はどうなっているのかをお伝えしていきます。

鉄道の旅と歩き旅の融合、それが当ブログ「旅鉄Walker」だ!!

 

旅のルール

  • 1・移動手段は電車徒歩のみ。(やむなくバスに乗る場合もある)
  • 2・電車は在来線にしか乗らない。
  • 3・千葉県を通る路線を旅する。
  • 4・楽しめ!!

旅のルール

  • 1・移動手段は電車徒歩のみ。(やむなくバスに乗る場合もある)
  • 2・電車は在来線にしか乗らない。
  • 3・千葉県を通る路線を旅する。
  • 4・楽しめ!!

 

↓ コンテンツ

現在150記事以上

駅の数だけ、物語がある。

旅鉄「ジョセフ」が鉄道駅を中心に一人旅をした記録です。主に千葉県を舞台とし、鉄道と徒歩のみで各種スポットを巡ったり駅を訪れたりします。

できるだけ多くの情報や写真を乗せるようにしているので、訪れた場所の雰囲気をブログを通して感じてもらえると嬉しいです。


現在200駅以上

鉄道駅、中だけ見るか?外も見るか?

千葉県を通る路線を中心に各駅や走る列車などの写真を載せています。駅はホームや駅構内・駅前・待合室など、列車は車内や方向幕など鉄道に関する写真が盛りだくさんです。

さらに駅周辺の見どころや観光スポットなどなど、各駅のページを巡って行けばちょっとした旅気分?


現在100か所以上

千葉県の魅力、ここにあり。

千葉県の各地に点在する観光スポットなどをジャンル別に見ることができます。

あんな場所やこんな場所まで、千葉県の隅々まで楽しみつくしましょう。


現在70単語以上

意味を知るということは、自分の世界を広げること。

「旅鉄」視点で鉄道に関する言葉を写真つきで解説。ほどよいマニアックさを意識して誰でも楽しめるように作成しています。

聞いたことのある言葉や知らない言葉まで、意味を知ればより電車の旅が楽しくなるはず。

最新の記事

「土浦駅」~「羽鳥駅」間歩き。東京通勤圏内の外。

 

こんにちは、ジョセフです。今回は常磐線「土浦駅」~「羽鳥駅」間を歩いてきました。

 

常磐線は「土浦」より先、「水戸」方面は東京都心へ通勤する利用客がほとんどいなくなるとされ、列車の本数も少なくなります。

 

「上野」方面からの列車の大半は「土浦」で折り返し、1時間に3・4本あった本数も1時間に2本ほどに減少します。「土浦」は常磐線における境界駅といえるでしょう。

 

そして今回歩くのは「土浦」より下り方面!!列車の本数がすくなくなる区間です。

 

いったいどのような景色が広がっているのでしょうか・・・・・。

 

 

 

6時20分 「土浦駅」から「神立駅」を目指す


 

「土浦駅」です。行った時は改装中でしたが、駅ビル「プレイアトレ土浦」が併設された立派な駅舎が特徴です。

 

 

駅周辺は土浦市の中心市街地。「土浦市」は茨城県南部に位置する中心都市であり、規模の大きな商業施設やマンションが目立つ。

 

隣接する「つくば市」も著しい発展を遂げた茨城県南部の中心都市であるが、土浦市とつくば市、どちらが茨城県南部の中心都市かははっきりしていない。

 

 

土浦市は「れんこん」の生産量が日本一。市内にある「霞ケ浦(かすみがうら)」がれんこんを育てるのに適した環境を作っているという。

 

実際に栽培されているれんこんの大半は霞ケ浦周辺で栽培されたものだそうです。

 

 

駅から約1kmの位置には「霞ケ浦」がある。広さは何と約220kmと、「琵琶湖」につぐ日本第2位の面積があります。

 

公園や船着き場などなあり、「土浦駅」周辺では釣りをしている人が目立ちます。

 

 

「土浦」から「水戸」方面に常磐線の車両基地。「土浦駅」では列車の始発や終着、連結などが行われる拠点となっています。

 

 

これはれんこん畑でしょうか。かなりの広さです。

 

 

徒歩1時間半で「神立駅」に着きました。当駅は地上駅だったそうですが、2019年冬に現在のような橋上駅へと生まれ変わったらしい。

 

 

駅構内に植物があるなど、かなりモダンな駅です。何と改札の外にニューデイズもあります。

 

 

 

8時10分 「神立駅」から「高浜駅」を目指す


 

次は「高浜駅」に向かいます。「神立駅」周辺は住宅街であるものの、駅から離れると緑が目立つ。

 

 

ひたすら県道221号線を直進します。しばらくはこんな山奥みたいな道が続きます。

 

 

「高浜駅」周辺までくると景色は一変。見晴らしの良い畑が広がります。

 

 

徒歩1時間50分で「高浜駅」に到着です。やたらと遠かった気がします。

 

先ほどの「神立駅」からうってかわってローカル感の漂う駅舎です。ローカル感があるとはいえ券売機や自動改札機もあり、放送も流れます。

 

 

 

10時10分 「高浜駅」から「石岡駅」を目指す


 

次は「石岡駅」に行きます。県道118号線「石岡田伏土浦線(いしおかたぶつつちうらせん)」を行く。

 

この県道は茨城県石岡市からかすみがうら市を経由して土浦市に至ります。

 

 

徒歩50分ぐらいで「石岡駅」に到着です。駅舎と駅前が綺麗に整備されていて、駅周辺もそれなり栄えています。

 

 

石岡駅構内には切り絵のステンドグラスがいくつか飾られている。これは石岡市にゆかりのある切り絵作家「滝平二郎(たきだいら じろう)」に関連したものである。

 

 

駅西口のデッキは「石岡ステーションパーク」。シンボルともいえる時計塔にはある秘密があります。

 

 

1時間ごとに時計塔の屋根がせりあがって人形が現れ、音楽とともに踊り始めます。

 

今回は何も知らずに偶然見ることができました。まさか時計塔にこんなカラクリがあるとは・・・・。

 

 

 

11時20分 「石岡駅」から「羽鳥駅」を目指す


 

最後は「羽鳥駅」に行きます。そしてここからは石岡市から小美玉市に入ります。

 

 

茨城県小美玉市には「茨城空港」がある。しかし鉄道が通っていない上に最寄駅の「石岡駅」から10km離れている。

 

そのためバスを使って空港にアクセスするのが主な手段となる。とはいえ不便さが目立つのでアクセスの利便性を向上させようと常磐道・国道6号線から一直線で行ける道路をつくっているらしい。

 

 

徒歩1時間30分で「羽鳥駅」に到着です。小美玉市に位置する唯一の鉄道駅です。

 

かつては市内を「鹿島鉄道線」が走っていたが2007年に廃線となった。その結果、市内でたった一つの駅になってしまったという経歴がある。

 

 

2019年4月訪問時、当駅は橋上駅への工事を行っていた。こうして全体図を見ると立派な駅舎が出来上がりそうです。

 

 

以上で「土浦駅」~「羽鳥駅」間を歩き終わりました。駅間が6km以上の所が多く、なかなか大変な道のりでした・・・。

 

東京都心からちょっと遠いこの区間、以外にも立派な駅が多かったです。

 

列車の本数が少ないわけでもなく、利用客もそこそこ。ローカルな区間・・・・・とはまでいかないかもしれません。

 

 

 

今回のルート


 

土浦駅(6.6km)→神立駅(8.3km)→高浜駅(3.9km)→

 

→石岡駅(7.1km)→羽鳥駅

 

 

 

 

 

2019年04月21日常磐線:土浦, 石岡, 神立, 羽鳥, 高浜
» 続きを読む