↓ このサイトって?

 

「旅鉄」。それは鉄道の旅を楽しむ者のこと。様々な路線に乗って景色を楽しんだり、各地を巡ったりするのはいいものです。

だが、こんなことを思うことはないだろうか?

 

この駅の周辺には何がある?

終着駅の先にはどんな景色が広がっている?

列車の通っていないあの場所はどうなっている?

 

だったらそれを明らかにしてしまおう!!

旅鉄ブロガー「ジョセフ」が一人で千葉県を中心に、移動手段を列車と徒歩に絞って旅をし、鉄道駅周辺はどうなっているのかをお伝えしていきます。

鉄道の旅と歩き旅の融合、それが当ブログ「旅鉄Walker」だ!!

 

旅のルール

  • 1・移動手段は電車徒歩のみ。(やむなくバスに乗る場合もある)
  • 2・電車は在来線にしか乗らない。
  • 3・千葉県を通る路線を旅する。
  • 4・楽しめ!!

旅のルール

  • 1・移動手段は電車徒歩のみ。(やむなくバスに乗る場合もある)
  • 2・電車は在来線にしか乗らない。
  • 3・千葉県を通る路線を旅する。
  • 4・楽しめ!!

 

↓ コンテンツ

現在150記事以上

駅の数だけ、物語がある。

旅鉄「ジョセフ」が鉄道駅を中心に一人旅をした記録です。主に千葉県を舞台とし、鉄道と徒歩のみで各種スポットを巡ったり駅を訪れたりします。

できるだけ多くの情報や写真を乗せるようにしているので、訪れた場所の雰囲気をブログを通して感じてもらえると嬉しいです。


現在200駅以上

鉄道駅、中だけ見るか?外も見るか?

千葉県を通る路線を中心に各駅や走る列車などの写真を載せています。駅はホームや駅構内・駅前・待合室など、列車は車内や方向幕など鉄道に関する写真が盛りだくさんです。ある意味メインコンテンツ。

さらに駅周辺の見どころや観光スポットなどなど、各駅のページを巡って行けばちょっとした旅気分?


現在100か所以上

千葉県の魅力、ここにあり。

千葉県の各地に点在する観光スポットなどをジャンル別に見ることができます。

誰もが知ってる有名な場所やマイナーな場所まで、千葉県の隅々まで楽しみつくしましょう。

千葉だけではなく他の県のスポットもありますよ。


現在70単語以上

意味を知るということは、自分の世界を広げること。

「旅鉄」視点で鉄道に関する言葉を写真つきで解説。ほどよいマニアックさを意識して誰でも楽しめるように作成しています。

聞いたことのある言葉や知らない言葉まで、意味を知ればより鉄道の旅が楽しくなるはず。

最新の記事

「馬橋駅」~「金町駅」間歩き。馬橋のルーツと黄昏の江戸川。

 

ハロー、ジョセフでございます。今回は常磐線各駅停車「馬橋駅」~「金町駅」間の4駅を歩いてみました。

 

この辺りは千葉県と東京都の境目に流れる江戸川付近です。千葉県側は松戸市、東京都側は葛飾区になります。

 

 

千葉県松戸市は都心から10~20kmとかなり近く東京のベッドタウンとして発展を遂げているようです。東京への利便性が高く、一時期は全国共働き子育てしやすい街第1位を記録していたとか。制度や施設が充実しておりファミリー層に人気が高いらしいです。

 

東京都葛飾区は住宅や商業施設の多い下町です。昔は小さな町工場が点在していましたが、次第に工場の跡地が住宅や商業施設に変わっていったようです。

 

 

そして今回は松戸市と葛飾区に位置する「馬橋駅」~「金町駅」間を歩いてどのような景色が広がっているのかを見ていきます。

 

それでは出発です!!

 

 

 

14時50分 「馬橋駅」から「北松戸駅」を目指す


 

千葉県松戸市の「馬橋(まばし)駅」です。まずは隣の「北松戸駅」を目指していきます。

 

 

「馬橋駅」には流鉄流山線というローカル線が乗り入れている。松戸市の「馬橋駅」から流山市の「流山駅」までの6駅を結ぶ5.7kmの路線です。

 

都心に一番近いローカル線と言われているらしい。しかしあまり知名度が高くないようだ・・・・・。

 

ちなみにICカード乗車券を使うことはできない。

 

 

どうやら編成ごとに名前や塗装が違うようだ。結構な種類がありそうです。

 

 

時刻表から漂うレトロ感・・・・・本数はそこそこあるようですね。

 

 

JR馬橋駅のホームから「鉄道用品株式会社」の看板が見える。看板が大きくかなり主張が強い。

 

こちらはレールや枕木といった鉄道資材を製造する会社のようだ。鉄道ファン向けのグッズを作る会社ではない。

 

 

馬橋駅で少し長くなってしまったが、改めて隣の「北松戸駅」を目指す。

 

馬橋駅の東口には馬橋という地名の由来になった場所が存在するらしい。せっかくなのでそちらを経由して行きましょうか。

 

 

東口に出る。国道6号線「水戸街道」付近に馬橋のルーツは存在する。

 

 

国道方面に向かって歩く。駅から国道6号線までは徒歩5分ぐらい。

 

 

国道6号線と馬橋駅入口の標識がありますが、ここで国道に出ないこと。

 

 

国道に隣接する橋、もしかしてここが・・・・・

 

 

先ほどの標識から少し離れた場所に「まばし」と書かれた橋がある。ココが馬橋という地名の元になった場所です。

 

 

場所は大体この辺でしょうか。国道と隣接した場所にあります。

 

 

なんか書いてあるな、どれどれ・・・・・

 

 

室町時代、本土寺過去帳に「マハシ」の地名が出てきます。「馬橋」の名はこの橋にちなんで名付けられたといわれ、江戸時代には水戸街道が通っていました。

 

 

今は違うけど、昔はここが水戸街道だったということか。

 

 

馬橋の下を長津川が流れる。

 

 

もうひとつ看板があるな。

 

 

鞍形(くらがた)の橋から名が生れる。「馬橋」という地名の橋になった橋である。

 

その昔、長津川にかかる旧水戸街道のこの橋は多くの旅人が往来したが、大雨のたびに流された。

 

そこで萬満寺(まんまんじ)と縁のあった良観上人(りょうかんしょうにん)が馬の鞍の形をした橋をかけさせたところそれ以後、流されることはなくなった。

 

今、「鞍」を思い残せるものは何もないが、以来、人々はこの橋を「馬橋」と呼ぶようになった、と伝えられる。

 

 

「馬橋」とは馬の鞍の形をした橋が由来のようです。今現在は普通の橋になってしまいましたが・・・・・

 

 

現在の馬橋は昭和60年に竣工したものらしい。かつての鞍形の橋はどんな姿だったんだろう。

 

 

国道の脇にひっそりとたたずむ「馬橋」・・・・・。形は変わろうとも、地名のルーツであることに変わりはない。

 

馬橋駅から徒歩約5分です。見落としやすいので見に行く際はじっくりと探してください。

 

 

再び「北松戸駅」を目指そう。

 

 

「北松戸駅」周辺には北松戸工業団地という工業地帯が広がっている。常磐線に沿って南北に長く、北端は「馬橋駅」付近。

 

ヤマザキパン、宝酒造、戸田建設など大手の工場や倉庫が立地します。

 

 

工業団地の中に「松戸競輪場」が立地します。都心から近いだけでなく設備等の評価が高いことから集客能力が高いようだ。

 

 

新坂川を越え・・・・・

 

 

徒歩約20分で「北松戸駅」につきました。先ほどの「馬橋駅」から約1.5kmと比較的近いようです。

 

 

 

15時30分 「北松戸駅」から「松戸駅」を目指す


 

次は「松戸駅」に向かいます。北松戸工業団地とは反対側の東口から行く。

 

 

東口ロータリーのすぐ近くは国道6号線。駅に近いためかマンションが多く立地しています。

 

 

国道から外れ旧水戸街道、新京成線の線路と合流する。新京成線は「松戸」~「京成津田沼」間の24駅で構成され、総距離は26.5kmです。

 

ローカル線・・・・・に入るかどうかはわからない。やたら線路が曲がりくねっているのが特徴のようです。

 

「京成」と名乗っていますが全くの別会社です。京成の旅客サービスは受けられないだけでなく、乗り換えると初乗り運賃が発生する。

 

 

松戸駅近辺、立派な松戸市役所。松戸市役所には「すぐやる課」というユニークな課が存在する。

 

反応が鈍い役所の仕事のイメージを変えるため誕生した全国初の困りごと即応組織「すぐやる課」。

 

開設50年と歴史があり、これまでに市民の要望を受けて処理した件数は15万件を超えているという。その内容は害虫駆除や土木、清掃などなど。

 

「すぐやる課」は松戸市のシンボルともいえる存在なのです。

 

 

徒歩約30分で「松戸駅」に到着です。常磐線快速・常磐線各駅停車・新京成線が乗り入れる松戸市の中心駅です。

 

 

東口。駅周辺は商業施設が多く、結構栄えています。

 

 

羽田も成田も、実は便利な新京成!

 

松戸駅から松戸新京成バスで羽田空港まで最短50分。同じく松戸駅から新京成線に乗って「新鎌ケ谷」で下車、そこから成田スカイアクセス線に乗れば成田空港に1時間ほどで行けます。

 

この辺りは羽田と成田の中間ぐらいなんでしょうね。アクセスが良好です。

 

 

 

16時10分 「松戸駅」から「金町駅」を目指す


 

最後は「金町駅」に行きます。次の「金町駅」からは千葉県ではなく東京都に入ります。

 

 

千葉県から東京都に行くには県の境目を流れる江戸川を越えなくてはならない。橋を渡る必要があるので少し遠回りになりそうだ。

 

 

日が暮れてきたのでわかりにくいが、徒歩10分で江戸川の土手が姿を現した。先ほどの「松戸駅」から江戸川はかなり近いようです。

 

 

江戸川の土手から見る夕日の景色は美しい・・・・・ビルや車の灯りが夕焼けを彩ってくれます。

 

 

遠くに東京スカイツリーが見えます。スカイツリー自体が規則的にピカピカと光ります。

 

 

富士山も見えました。まさか松戸市から見えるとは。

 

 

この「葛飾橋」を渡れば東京都に行けるようだ。

 

 

東京都葛飾区に入りました。東京における「下町」と呼ばれるエリアでどことなく昭和レトロな雰囲気が漂います。

 

 

すっかり日が落ちてしまった。

 

 

東京の下町の商店街・・・・・懐かしさが立ち込めるのはなぜだろう?

 

 

徒歩約50分で「金町駅」に到着です。葛飾区最北端の駅であり、近くにある「京成金町駅」では京成金町線に乗ることができます。

 

京成金町線に乗れば映画「男はつらいよ」の舞台となった「柴又」に行くことができます。東京の下町の中でも人気の高いエリアです。

 

 

最後にキラキラと光るイルミネーションを見て終わりです。冬の風物詩ですねぇ。

 

 

 

以上で「馬橋駅」~「金町駅」間を歩きおわりました。都心に近いだけでなく成田空港と羽田空港まで電車やバスで1時間とかなり利便性の良い場所のようです。

 

今回見て回った場所として、江戸川の土手から見る夕焼けがすごく印象的でした。夕暮れの中歩くとなんだかノスタルジックな気分が味わえます。

 

 

 

今回のルート


 

馬橋駅(500m)→馬橋(1.1km)→松戸競輪場(550m)→

 

→北松戸駅(2.4km)→松戸駅(4km)→金町駅

 

 

今回の費用


 

交通費(自宅~馬橋駅)

220円

 

交通費(金町駅~自宅)

308円

 

合計528円

 

 

 

 

 

 

2019年12月02日常磐線各駅停車:北松戸, 松戸, 金町, 馬橋
» 続きを読む