千葉県・房総の魅力500選を楽しむブログ

特産

1.落花生とその加工品

特産

全県

千葉県の落花生は全国で生産量1位を誇り、国内の7割が千葉県産である。千葉県の市町村では県中央部にある八街市が生産量日本一。日本で初めて栽培されたのは千葉県ではなく、1871年(明治4年)に神奈川県大磯町の農家で栽培されたのが始まりで全国に普及した。後に明治9年(1876年)、現在の山武市で試作されたのが千葉県の落花生のルーツとされている。

 

菓子や料理等、多くの加工品がある。「ナカテユタカ」「郷の香」「おおまさり」「Qなっつ」といった品種を改良により誕生させブランド化にも力を入れている。

生産量全国1位、千葉県名物の落花生について知る。
特産

生産量全国1位、千葉県名物の落花生について知る。落花生とは?「ピーナッツ」とも呼ばれる一年草で、日本では主に食用として栽培されている植物です。草丈は25〜50cmほどで自家受粉を行い、夏場に黄色の花を咲かせます。花を咲かせてから数日後、先端がとがった子房柄(しぼうへい)が下に向かって地中にもぐりこみ...

トップへ戻る