オタクの聖地「アキバ」歩き。昭和の面影を残すサブカルチャーの街(後編)

 

こんにちは、ジョセフです。今回は秋葉原駅周辺、秋葉原電気街歩きの後編となります。

 

 

秋葉原駅からスタートし、レトロなラジオセンター、ヨドバシAkibaなどアキバならではの数々の建物を巡り、ゴーゴーカレーで昼食をとりました。

 

お腹もいっぱいになったところで、再び電気街を歩き様々なものを見てみましょう。

 

 

13時 中央通り


 

 

ゴーゴーカレーでお腹も満たされたことで中央通りをゴーゴー!!

 

中央通りにある「ドン・キホーテ」の8Fには「AKB48劇場」、すなわちライブハウスがある。

 

AKB48の活動拠点であり、研修生を中心とした公演が日々行われている。公演を見るためには予約抽選に当選しなければならない。

 

当選できるのは2019年現在、1公演につき250人。当選した者だけが公演当日に劇場の窓口でチケットを購入する権利が得られるのだ。

 

公演を見られるかどうかはアナタの運次第です・・・・・。人気グループだから仕方ないね。

 

 

ドン・キホーテのエスカレーター。

 

おっ、重いだと!?

 

 

中央通りから外れると「秋葉原ガチャポン会館」という場所を見つけた。ここには400台以上のガチャポンが並ぶ、ガチャポンの聖地です。

 

毎月50タイトルの新作が入荷するらしい。となると入れ替わりが激しいのかも?

 

 

中央通り付近は飲食店が多い。ラーメン、ケバブ、カレー,とんかつなど若者が好みそうな食べ物が目立つ。

 

ここ最近のアキバはサブカルチャーだけでなくグルメスポットとしても有名になりつつあるとか?

 

 

コンビニのローソン。ここ中央通り付近にある「外神田三丁目」のローソンはタダのローソンではない。

 

 

なんと、ドラゴンクエストとコラボしたローソンです。

 

看板にモンスターの「スライム」、しかもLOWSONの「O」もスライムになってます!!

 

さらに面白いのが店内に入る音。コンビニの中に入ると

 

ザッザッザッザッ(入るときの音)

 

ドラクエでおなじみの効果音が鳴ります。他にもルーラの呪文や宝箱を開ける音が鳴るそうです。

 

 

店内はコンビニでありながらドラクエグッズがたくさん売っています。

 

 

レジに並ぶ床が・・・・・ダンジョンにある勝手に移動する床!?

 

 

ATMの足元が・・・・・旅の扉!?

 

 

ATMが・・・・・ゴールド銀行!?ここにお金を預けておけば所持金が半分にならずに済みそうです。

 

ドラクエローソン、面白いですねぇ。ドラクエを知っている人ならニヤリとできる要素が満載ですよ。

 

さて、リレミト(脱出)するか。

 

 

神田明神通り。ひときわ大きな建物の「AKIBAカルチャーズZONE」。

 

ラオックスという家電量販店がコンピュータ館を構えていたが経営不振により閉店、その閉店跡を改装したビルである。

 

6階建てで様々なテナントが入居している。

 

 

神田明神通りから「コトブキヤ」のある路地へ。この辺りはかわいいメイドさんが客引きをしていることが多い。

 

最近のメイドカフェは一味変わったものがあり、くのいち、海賊、軍人、さらには男が女装したメイドカフェなんてものが!?

 

マニアックというかコア向けというか、サブカルチャーってすげぇな・・・・・。

 

 

最後にアキバから広まったとも言える言葉「萌え」について解説する。

 

架空のキャラクター、アイドルなどへの強い好意や興奮等の感情を表す言葉である。しかしこれはサブカルチャー上の意味であり、本来の意味は違う。

 

本来の意味は草木の芽が出る様子の事。草木の芽が出ることを「萌え出づ」と言うのだ。

 

恐らく「萌え」の本来の意味である「芽が出る」から、好意の感情に芽生えるという意味合いで我々の知る「萌え」になったのかもしれない、という説がある。

 

 

以上で「秋葉原電気街歩き」は終了となります。サブカルチャーならではの独特の雰囲気を見ることができる場所でした。

 

とにかく人の数が凄いですね・・・・・。特に外国人観光客の姿が目立ちます。10人に1人は外国人なんじゃないか?

 

まあ、それほど外国人に人気のある場所ということです。日本の電化製品、アニメ、ゲームはやっぱり凄いんだなということを教えてくれます。

 

秋葉原電気街は今後も人気観光地として多くの観光客が訪れることでしょう。そして変化の著しいこの場所は時代の流れとともに姿を変えていくでしょう。

 

今後の電気街はどう変わっていくのか、変化を楽しむのも面白いかも知れませんね。

 

 

 

今回のルート


 

ドン・キホーテ秋葉原店(160m)→秋葉原ガチャポン会館(250m)→

 

→ローソン外神田三丁目店(65m)→

 

→AKIBAカルチャーズZONE(75m)→

 

→コトブキヤ秋葉原館(210m)→秋葉原駅

 

今回の費用


 

交通費(自宅~秋葉原駅)

550円

 

交通費(秋葉原駅~自宅)

550円

 

ゴーゴーカレーで食事

680円

 

合計1,780円

 

 

 

2019年07月23日|中央・総武線:秋葉原