ぽっかりと残された「谷津干潟」。野鳥や人が集う都心部のオアシス。

 

千葉県習志野(ならしの)市、千葉県北西部に位置し都心から約20~30kmと近い、東京と千葉市のベッドタウンとしての性質が強い市です。

 

東京湾に面する市の南部は、東京湾の広大な遠浅を埋め立てることによりできた場所です。1960年~1970年にかけて著しく埋め立てが進み住宅地や工場などが次々に建設されていきました。

 

そのような埋め立て地で形成される習志野市南部、しかしgooglemapを見てみると一か所だけ埋め立てられずにそのままの場所が存在しています。

 

 

それがこの「谷津干潟(やつひがた)」という場所です。広さは約40ヘクタール。周りにマンションや商業施設が建とうが上に高速道路が通ろうが、埋め立てられずに長方形の池のような形になっています。

 

何でここだけ埋め立てられないの?なぜなら、この「谷津干潟」はある生き物達の大事な場所であるからです。

 

 

そう、「鳥」です。

 

ここはもともと埋め立てられる予定だったのですが東京湾に飛来する渡り鳥たちの希少な生息地であることが指摘されました。

 

後に保護活動家による谷津干潟の宣伝や清掃といった活動が行われ、重要性が広く認知されたため1988年に鳥獣保護区に指定。1993年には「ラムサール条約」という国際的に重要な湿地に関する条約まで結ばれました。

 

以上のような理由から埋め立てを免れ、渡り鳥の生息地として残されることになったのです。

 

渡り鳥の生息地としてはもちろん、干潟周辺は遊歩道や公園が整備され周辺住民の憩いの場として親しまれています。都市化の著しいこの辺りでは貴重な自然を見ることができる場所です。

 

 

 

そして今回は実際にここ「谷津干潟」周辺を散策していきます。都市化が進む中、残された不思議なこの場所を確かめてみよう。

 

 

 

8時 「谷津駅」から「谷津干潟」を目指す


 

「谷津干潟」の最寄り駅は京成線「谷津駅」です。当駅には普通列車しか停車しないので快速や特急に乗ったりしないように。

 

「谷津干潟」までは徒歩10分、およそ800m。駅からは比較的行きやすいようです。

 

 

「谷津駅」から南に向かって歩く。駅からすぐの場所に「谷津遊路」という商店街がある。

 

言ったのは朝8時なので大半のお店は締まっていますが、多くのお店が立地しています。

 

 

商店街の出入り口には幕が掲げられていました。幕の右にいるのは「やっぴー」という谷津遊路商店街のイメージキャラクター。

 

「谷津をハッピーに」から文字をとって「やっぴー」。姿形がバラなのは近辺にある「谷津バラ園」、頭の右にいる鳥は「谷津干潟」をイメージしているのだろう。

 

 

近くに「谷津バラ園」を見つけた。「谷津遊路」と「谷津干潟」の間にあります。

 

その名の通り入園料を支払うことで、園内に咲くバラを見ることができる場所です。その種類何と約800種類7500株。

 

入ってみようと思いましたが、園内のバラが10%しか咲いていないようなのでまたの機会にします・・・・・。見頃は春と秋に訪れるらしい。

 

 

余談だが、この「谷津バラ園」は元々この地にあった、京成が経営する「谷津遊園」という遊園地の施設の一部だった。

 

「谷津遊園」は閉園してしまいましたが、バラ園は閉園が惜しまれて習志野市が買収、現在の「谷津バラ園」となりました。

 

 

「谷津バラ園」を少し南に歩くと開けた湖のような場所が見えました。これこそが「谷津干潟」です。

 

 

広いなぁ~・・・・・ほのかに海の香りも漂います。ここから東京湾までは約2kmぐらいのようです。

 

 

ガタンゴトンガタンゴトン・・・・・。

 

「谷津干潟」の一部は高架橋が架かっており、JR京葉線や湾岸道路が通っています。

 

この辺りのJR京葉線は「南船橋」~「新習志野」間です。

 

 

干潟周辺の遊歩道を歩く。全体的にジョギングをしている人が目立ちます。

 

この遊歩道は外周約3.5kmに渡って続いている。意外と長いな。

 

 

遊歩道は自転車で走ることはできない。なのでウォーキングやジョギングに最適である。

 

 

野鳥を観察できる窓が各所に設置されている。窓で見ることにより野鳥にこちらの存在を気付かれにくくして、じっくりと観察できるからだろう。

 

 

「ガタガール」?干潟をテーマにした漫画のようです。「谷津干潟自然観察センター」にて原画の展示が行われていたようだ。

 

山ガールとか釣りガールとかは聞いたことがあるけど、干潟女子ならぬ「ガタガール」か、新種誕生?

 

 

遠くに見えるのは「谷津干潟自然観察センター」。谷津干潟で活動するボランティアたちの活動拠点です。

 

入館料を支払うことで中に入ることができる。中に望遠鏡を利用した野鳥の観察スペース、売店やカフェなどがあるようだ。(カフェのみの利用は入館料はかからない)

 

この施設及び周辺の谷津干潟公園は入れる時間が決まっているので注意。

 

 

くちばしの先端が黄色いあの鳥は「カルガモ」でしょうか?谷津干潟を自由気ままに泳ぎます。

 

「谷津干潟」では約110種類もの野鳥が確認されている。そのうちの70種類が水鳥である。

 

 

たくさんのマンションが立ち並ぶ。都市化が進む中、唯一残されたこの自然はとても貴重なものだと実感できる。

 

 

鳥獣保護区だということを示す真っ赤な看板。この看板は山の中によくあるような気がします。

 

 

「谷津干潟」の中には通常入ることはできない。この「干潟体験ゾーン」というのは開催される体験会の時だけ入れるとか?

 

 

干潟周辺の車道は壁でシャットアウトされている。この辺りは交通量が多いので、車の騒音や排ガスによる干潟への影響を少なくするためだろう。

 

 

だいぶ見て回ったかな・・・・・。外周3kmぐらいあるから結構歩きました。

 

予想以上に散歩やジョギングしている人が多かったですね。周辺住民の憩いの場として馴染んでいる様子が感じられました。

 

周辺は都市化しているものの、野鳥たちのために自然を残すという思いもこの場所から伝わってきます。

 

人間と鳥が共存する場所、それがここ「谷津干潟」なんだと思う。

 

 

 

最後になりますが遊歩道のトイレで見つけた「ことわざ」をお送りします。

 

立つ鳥跡を濁さず

 

立ち去るものは見苦しくないように綺麗に始末をしていくべき、という戒めです。

 

水辺の鳥が飛び立つときにその水辺は青く澄んだままであるという。

 

つまり、みんなが使うものや場所を清潔に使えってこと。

 

公共のトイレが汚れていたらイヤだろ?道にゴミが落ちていたらイヤだろ?

 

今回行った「谷津干潟」もそうだけど、こういう公共の場所は僕たちの行いによって環境は良くなったり、悪くなったりもする。

 

良い環境にする、もしくは維持するためにみんなが使うものや場所は汚さないようにしたい。もし、自分が汚してしまったら自分で綺麗にするように心掛けたい

 

 

 

今回のルート


 

谷津駅(800m)→谷津干潟(800m)→谷津駅

 

 

 

2019年06月25日|京成線:谷津