京成線「新千葉駅」~「幕張駅」間歩き。千葉市内のローカル区間?

 

こんにちは、ジョセフです。今回は京成千葉線「新千葉駅」~「京成幕張駅」間の6駅を歩きました。

 

京成千葉線は近辺を走るJR中央・総武線および総武線快速と1kmぐらい距離を開け、似たようなルートを走っています。JRと京成の互いの駅は徒歩連絡できる駅が多いです。

 

しかしJRに比べるとコチラは利用客が少なく、千葉市でありながらローカル感が漂います。京成本線にある快速や特急がなく、各駅しかないのも影響していると思われます。

 

実際に6駅を歩いた様子をお伝えしていきますが、今回はやや盛り上がりに欠けるかもしれません。そこはあらかじめご了承ください。

 

 

 

12時 「新千葉駅」から「西登戸駅」を目指す


 

「新千葉駅」です。隣の「京成千葉駅」まで1km圏内なため、当駅の利用客は少ないようです。

 

 

まずは「西登戸(にしのぶと)駅」へ向かう。駅周辺は住宅街で特に目立った箇所はない。

 

 

徒歩10分で「西登戸駅」に着きました。地味に難読駅だったり?

 

駅周辺は埋め立て地であり、埋め立てられる前は千葉海岸の最寄り駅として賑わいを見せていたようです。

 

JR「西千葉駅」まで徒歩6分で移動できます。

 

12時15分 「西登戸駅」から「みどり台駅」を目指す


 

次は「みどり台駅」に行きます。「京成津田沼」~「千葉中央」までは新京成線が乗り入れているので、その姿を見ることができる。

 

 

徒歩10分で「みどり台駅」に到着です。駅周辺には千葉大学・敬愛大学・千葉経済大学があり学生街が形成されています。

 

先ほどの「西登戸駅」と同様にJR「西千葉駅」まで徒歩6分で移動できます。

 

 

 

12時30分 「みどり台駅」から「京成稲毛駅」を目指す


 

次は「京成稲毛駅」に向かって歩きます。途中に見える高い建物は「ブラウドタワー稲毛」というタワーマンションである。

 

最寄駅はJR「稲毛駅」です。

 

 

徒歩25分で「京成稲毛駅」に着きました。京成千葉線内では利用客の目立つ駅です。

 

JR「稲毛駅」まで徒歩10分で行けます。しかし交通量が多い狭い道を歩くため、徒歩連絡する人は少ないようです。

 

 

 

13時 「京成稲毛駅」から「検見川駅」を目指す


 

次は「検見川(けみがわ)駅」です。東関東自動車道を越える。

 

「検見川駅」までは約3kmあり、京成千葉線の中では距離の長い区間です。

 

 

「検見川駅」周辺はJR線に近く、京成の方にいてもJRの列車が走る音が聞こえるほどです。

 

 

徒歩30分で「検見川駅」に着きました。徒歩5分でJR「新検見川駅」に連絡できます。

 

ちなみに京成の「検見川駅」のほうが先に開業し、JRに「新検見川駅」は後に開業したようです。その理由からJRは「新」の名を冠しているのでしょう。

 

 

 

13時35分 「検見川駅」から「京成幕張駅」を目指す


 

最後は「京成幕張駅」に向かいます。途中にある花見川からはどことなく海の香りが漂ってきます。

 

この辺りから東京湾まではそうそう遠くない。

 

 

最終目的地である「京成幕張駅」に着きました。

 

JR線が並走して走っており、JR「幕張駅」まではたったの3分で行けます。

 

 

 

以上で「新千葉駅」~「京成幕張駅」間歩きはおしまいです。歩いた感じとしてはやはりローカル線ですね。

 

付近を並走するJR線に比べると商業施設も少なく、利便性にはかないませんが、こちらでローカル線特有の雰囲気を味わいつつ千葉の旅を満喫するのもいいかもしれません。

 

 

 

今回のルート


 

新千葉駅(800m)→西登戸駅(900m)→みどり台駅(1.9km)→

 

→京成稲毛駅(1.9km)→検見川駅(2.8km)→京成幕張駅

 

 

 

 

2019年05月28日|京成線:みどり台, 幕張, 新千葉, 検見川, 稲毛, 西登戸