東金市の「雄蛇ヶ池」「東金ダム」「道の駅」。何もないなんて言わせたくない。

 

こんにちは、ジョセフです。今回は東金線および東金市にある3つのスポットを見つけ、巡ってみました。

 

東金線は5駅しかない上に約14kmと短い路線です。周辺に何かあるのかと聞かれても、

 

うーん・・・・・

 

ってなると思います。電車から見えるのは広がる畑と住宅地のみで特にこれといったものはないかもしれません。

 

しかし、僕は思いました。

 

何としてでも東金線のスポットを見つけ出したい!!短い路線だけど何かしらあるはずだ!!

 

というわけで調べた結果、見つけたのが次の3つのスポット。「雄蛇ヶ(おじゃが)池」「東金ダム」「道の駅」です。

 

そして今回は「福俵(ふくたわら)駅」からこの3か所を巡りつつ、東金線沿線巡りと行きます。

 

それでは、東金を知る旅に出発!!

 

 

 

6時35分 「福俵駅」から「雄蛇ヶ池」を目指す


 

まずは「福俵駅」で下車、当駅から徒歩40分ほどの所にある「雄蛇ヶ池」という場所に行ってみましょう。読み方は「おじゃがいけ」です。

 

なんでも江戸時代から存在する灌漑用の貯水池でバス釣りが盛んに行われているらしい。池の外周には遊歩道が整備されていてハイキングコースにもなっているそうだ。

 

 

池までの道のりは畑が多い。東金線名物(?)の畑が広がる景色です。

 

 

雄蛇ヶ池付近。ボートハウスや駐車場がある。池は堰(せき)の向こうにあるので道路から見ることはできない。

 

 

雄蛇ヶ池に着きました。外周約4km、水深約4mの池で形状が青森県にある「十和田(とわだ)湖」に似ていることから「房総の十和田」とも呼ばれている。

 

また1970年頃に「バス」という魚が放流されて以来、バスフィッシングの流行りを作った聖地として知られています。

 

 

洪水吐(こうずいばき)。池の水がたまると自然にここから流れていきます。

 

 

遊歩道。池をぐるっと外周するコースが整備されている。

 

 

遊歩道は池のそばを歩いたり、森の中に入ったり。坂道や階段まであります。

 

 

ちなみに、雄蛇ヶ池は心霊スポットでもある。この池には様々な言い伝えがある。そのうちの一つを紹介しよう。

 

ある村娘が地元の役人の若侍に恋をしていました。しかしその恋は身分の差によって叶うことはありませんでした。

 

この事に悲観した村娘は池に身を投げてしまいます。その後、村娘の怨念が白蛇へ姿を変えこの池に住みつくようになった。

 

この言い伝えは雄蛇ヶ池の名前の由来となった話でもあるとのこと。その村娘はいまだに成仏できずに、すすり泣く声をあげる・・・・・らしい。

 

 

 

8時20分 「雄蛇ヶ池」から「東金ダム」を目指す


 

次は「東金ダム」に向かいます。ちなみに東金ダムの最寄り駅は「東金駅」になります。

 

 

この辺りは貯水池の多い「東金レイクサイド」という新興住宅地。数ある貯水池の中で一番大きいのが東金ダムだ。

 

 

徒歩1時間ぐらいで東金ダムのダム湖「ときがね湖」に出ました。綺麗に整備されていて歩きやすい歩道はウォーキングやジョギングをする人が集まります。

 

釣り禁止、スケートボード禁止、犬の散歩禁止と規制が厳しい場所です。

 

 

ときがね湖展望広場。芝生が美しい。

 

 

展望広場からときがね湖を眺める。静かな水面をたたえた癒しの空間でもあります。

 

 

くちばしの先端が黄色い「カルガモ」が湖のほとりにたくさんいます。

 

 

洪水吐。東金ダムの水は利根川からの水で、房総導水路を伝ってここまでくる。ちなみに房総導水路はこの先にある「長柄(ながら)ダム」という場所まで続いている。

 

 

以上、どことなく公園のような雰囲気漂う「東金ダム」からお送りしました。

 

 

 

10時10分 「東金ダム」から「道の駅 みのりの郷 東金」を目指す


 

最後は東金市の「道の駅」に行くとしましょう。県道301号線を道なりに歩く。

 

 

国道126号線、車通りの多い市街地。

 

 

徒歩約1時間で「道の駅 みのりの郷 東金」に着きました。直売所や円形のイベント会場などを備えた場所です。直売所には多くの人が買い物に来ていました。

 

最寄駅は「求名(ぐみょう)駅」で1km弱ほど。近いです。

 

 

東金市のマスコットキャラクター「とっちー」。東金市の桜の名所である「八鶴湖(はっかくこ)」で生まれ育ち桜が大好き。

 

ほっぺや足の裏などに桜の花びらがついています。体長は5cmほどの妖精です。

 

性別は妖精なので不明。

 

 

道の駅のレストランにて。東金黒大豆みそを使用した三元豚ロースみそカツを召し上がる。

 

みそがまろやか~な味わい。ロースカツも衣がサクサクでご飯が良く進みます。

 

 

 

最後は「求名駅」でゴール。以上、東金市を知る旅でした。電車が来ねぇ~。

 

 

 

いかがでしたか?特別にスゴイ!!とはいきませんがこんなに短い路線でもなにかしらあるということを。

 

今回の記事で東金線および東金市にこんなところがあるんだなぁ、そう思ってもらえると嬉しいです。

 

 

 

今回のルート


 

福俵駅(3km)→雄蛇ヶ池(5.1km)→東金ダム(5.1km)→

 

→道の駅 みのりの郷 東金(1.3km)→求名駅

 

 

 

 

2019年01月21日|東金線:求名, 福俵