全身で自然を感じる里山トロッコの旅!養老渓谷へ向かう!

 

こんちはー、ジョセフです。

 

今回は小湊鉄道、「里山トロッコ」に乗って「養老渓谷駅」にある「梅ヶ瀬(うめがせ)渓谷」まで行ってきました。

 

「里山トロッコ」とは上総牛久・里見・月崎・養老渓谷の4駅に停車する一日三本(平日は二本)の列車です。

 

昔、小湊鉄道で活躍したSLをモチーフにしており、窓を取り外した展望車が用意されています。

 

 

このとおり、展望車は天井もガラス張りになっていて景色を360度楽しむことができるのです!(普通車もあります。)

 

「里山トロッコ」は基本、予約制でありホームページや電話で整理券を予約する必要があります。

 

当日でも買うことはできますが、席の残数分なので予約した方が確実でしょう。

 

運転区間が上総牛久~養老渓谷なので五井駅から乗る際はまず、

上総牛久駅まで行く必要があります。

 

それでは、里山トロッコと梅ヶ瀬渓谷を満喫しに出発しましょう!

 

 

 

午前6時20分 五井駅


 

市原市の中心部こと五井駅です。中心部だけあって発展している様子がうかがえます。

 

小湊鉄道「上総牛久」行きは6時39分発、まだ20分弱あるので駅周辺をぶらぶらしました。

 

 

五井駅直通でもある公共複合施設「サンプラザ市原」。「市原のシンボル」の名を冠する建物です。

 

地上12階建てで中には温水プールやレストランなどがあります。

始まってないけど・・・。

 

あんまり駅から離れると電車に乗り遅れてしまうので、後はコンビニで時間をつぶしました。

 

 

さて、時間をつぶしたところで小湊鉄道へ乗り込みましょう。

 

小湊鉄道はJRの改札の中にあり、ICカード乗車券は使用できません。ICカード乗車券で来たなら、手前にあるSuica改札機で切り替える必要があります。

 

切符はラーメン屋によくありそうな券売機で購入しましょう。

 

 

小湊鉄道はおトクな切符が販売されています。今回購入したのが1800円の「養老渓谷往復割引乗車券」です。漢字が多い。

 

「五井駅」と「養老渓谷駅」のみ有効で2日間有効、途中駅で下車はできません。

 

「五井駅」から「養老渓谷駅」まで普通に切符を買うと大人1250円。往復で2500円です。

 

「養老渓谷往復割引乗車券」の場合700円おトクになりますね。これはデカイ!

 

 

いざホームへ。「キハ200形」の列車のディーゼルエンジン音が

ブロロロロと響き渡ります。

 

車両といい、エンジン音といいレトロな雰囲気がより列車の旅を引き立てますね。

 

まずは「上総牛久駅」を目指して出発進行~♪

 

 

 

午前7時10分 上総牛久駅


 

到着したら8時29分発の里山トロッコが来るまで待ちます。

早すぎたか・・・?あと1時間ぐらいあるぞ!?

 

切符の都合上、駅から出られないのでホームでネットサーフィンしてました(笑)。

 

待ってる途中列車が一本来たんだけど、駅員さんが「乗らないの?」って聞いてくれるのがよかった。トロッコが目的なんで乗らないけど。

 

すっごい思いやりの心を感じたね。まあ、一時間に一本だから乗り遅れたら大変だもんなぁ。

 

そして一時間後・・・。

 

 

里山トロッコがやってきた!乗る前に窓口から切符を購入するのを忘れずに。

 

SLだよ・・・見てるだけでワクワクする。

 

窓のない展望席に座り準備完了!あとは出発するのを待つだけ!

早く出発しないかな~、めっちゃ楽しみなんだけど!

 

 

 

そしてトロッコは動き出す・・・。

 

 

 

シュポーッ!!と豪快に汽笛を鳴らし、出発したその瞬間。

 

涙ぐんだ。

 

駅員たちが手を振ってくれて、それに答えるように僕たちも手を振り上総牛久駅に別れを告げる。

 

そして踏切を通過する際のカンカンカン!!という音がたまらなく心に響いた。

 

 

僕たちの新たな旅が始まったのだ。

 

 

見慣れた景色も里山トロッコに乗れば特別、非常に新鮮に感じることができます。天気も快晴だし風も心地よくて最高だッ!

 

 

最初の停車駅「里見(さとみ)駅」まで30分ほどです。道路にいる人や車に乗っている人がコチラに向かって手を振ってくれることがあります。

 

恥ずかしがらず、コチラからも手を振ってあげましょう。
(^O^)ノシ暖かい気持ちがこみ上げてきます。

 

 

「里見駅」では列車の行き違いのため5分ほど停車します。駅のホームではタケノコのスープや焼き芋など、食べ物を販売しています。

 

なんだかいすみ鉄道の「国吉(くによし)駅」に似た感じがありますね。

 

 

「月崎(つきざき)駅」~「養老渓谷駅」の間、「養老川」が見えるところがあります。かなり高いところをゆっくり走るので人によってはスリルに感じるかも?

 

 

およそ1時間ほどで里山トロッコの終点「養老渓谷駅」に到着です。

 

里山トロッコ、素敵な旅でした。全身で感じることで緑豊かな景色がより一層良く見えました。

 

行く先々にいる人たちが手を振ってくれるのが嬉しかったよ。単純なことだけど思った以上に心があったかくなった。

 

やっぱり列車の旅っていいなあ。

 

 

2018年04月22日|小湊鉄道:上総牛久, 五井, 養老渓谷