いすみ鉄道の菜の花2019!平成最後はムーミン列車の最後!?

 

おっす、ジョセフです。春になったということで菜の花が見頃を見変えた「いすみ鉄道」へ写真撮影しにやってきました。

 

春になると毎年多くのカメラマンや観光客が集う「いすみ鉄道」。今年も安泰・・・・・かと思いきやなんと!!

 

 

 

 

2019年3月をもって「ムーミン列車」終了。

 

 

 

なん…だと…?

 

いすみ鉄道を象徴するキャラクター「ムーミン」は高額の著作権利用料がかかるため、許諾の更新を取りやめるとのこと。

 

その著作権利用料がいくらかかるのかはわかりませんが、想像以上に高いものなのでしょう。

 

ムーミン列車は約10年間、可愛らしいキャラクターと里山の風景が沿線を彩り多くの観光客を呼びこむことに成功しました。いすみ鉄道を再建したとも言える列車です。

 

ムーミンは「冬眠」に入るということで、今後は企業などに公募する新たなラッピング車両を走らせる予定らしい。

 

 

ということで今回はもう見られなくなってしまうムーミン列車を見に、沿線を巡っていきます。

 

 

「上総東」~「新田野」間、通称「新田野ストレート」。さえぎるものが皆無なうえ一直線なのでシャッターチャンスを狙いやすいです。

 

 

菜の花はご覧の通り見頃でした。鮮やかな黄色は本当に映えます。

 

 

「国吉駅」にあったムーミンショップは2019年1月を持って閉店してしまったようです・・・・・。

 

 

「国吉」~「上総中川」間、通りすがりに横から撮影。ムーミンがいなくなったら普通の黄色い列車になっちゃうよ・・・・・。

 

 

国道465号線沿い、人気の撮影スポット。今年はこの場所が見どころだと感じました。

 

シャッターチャンスを狙って撮り鉄たちが集います。ガチ勢(?)の人は脚立を持ちこんで撮影するという本気っぷり。

 

写真(列車)に対する愛の違い、とでもいいましょうか。

 

 

こちらも通りすがりに撮影。キハ20との2両編成。

 

 

「総元駅」、駅周辺は満開です。写真撮影のために当駅で降りる人が多数見受けられました。

 

いすみ鉄道の菜の花は地元のボランティアの方々が整備しています。こういう方々がいてこそいすみ鉄道の風景は守られていると実感できました。

 

 

「総元」~「西畑」間、ここも人気の撮影スポット。快速と急行で運行されるキハ28とキハ52。

 

 

 

以上が今回撮影したものです。ちょっとばかし少なかったか。

 

しかしムーミン列車が終了するのはとても残念です・・・・・。いすみ鉄道は現状があまりよくないのでしょうか?

 

ちなみにですがいすみ鉄道は3月にダイヤ改正も行われています。「大多喜」~「上総中野」間は利用客が少ないことから始発が1時間遅くなり、快速が廃止されるなど多くの変化がありました。

 

ムーミン列車終了、ダイヤ改正etc・・・・・いすみ鉄道は今後どうなって行くのでしょうか。今年は激動の年になるかもしれません。

 

 

 

2019年03月27日|いすみ鉄道:国吉, 新田野, 総元, 西畑