↓ このサイトって?

 

「旅鉄」。それは鉄道の旅を楽しむ者のこと。様々な路線に乗って景色を楽しんだり、各地を巡ったりするのはいいものです。

だが、こんなことを思うことはないだろうか?

 

この駅の周辺には何がある?

終着駅の先にはどんな景色が広がっている?

列車の通っていないあの場所はどうなっている?

 

だったらそれを明らかにしてしまおう!!

旅鉄ブロガー「ジョセフ」が一人で千葉県を中心に、移動手段を列車と徒歩に絞って旅をし、鉄道駅周辺はどうなっているのかをお伝えしていきます。

鉄道の旅と歩き旅の融合、それが当ブログ「旅鉄Walker」だ!!

 

旅のルール

  • 1・移動手段は電車徒歩のみ。(やむなくバスに乗る場合もある)
  • 2・電車は在来線にしか乗らない。
  • 3・千葉県を通る路線を旅する。
  • 4・楽しめ!!

旅のルール

  • 1・移動手段は電車徒歩のみ。(やむなくバスに乗る場合もある)
  • 2・電車は在来線にしか乗らない。
  • 3・千葉県を通る路線を旅する。
  • 4・楽しめ!!

 

↓ コンテンツ

現在150記事以上

駅の数だけ、物語がある。

旅鉄「ジョセフ」が鉄道駅を中心に一人旅をした記録です。主に千葉県を舞台とし、鉄道と徒歩のみで各種スポットを巡ったり駅を訪れたりします。

できるだけ多くの情報や写真を乗せるようにしているので、訪れた場所の雰囲気をブログを通して感じてもらえると嬉しいです。


現在200駅以上

鉄道駅、中だけ見るか?外も見るか?

千葉県を通る路線を中心に各駅や走る列車などの写真を載せています。駅はホームや駅構内・駅前・待合室など、列車は車内や方向幕など鉄道に関する写真が盛りだくさんです。

さらに駅周辺の見どころや観光スポットなどなど、各駅のページを巡って行けばちょっとした旅気分?


現在100か所以上

千葉県の魅力、ここにあり。

千葉県の各地に点在する観光スポットなどをジャンル別に見ることができます。

あんな場所やこんな場所まで、千葉県の隅々まで楽しみつくしましょう。


現在70単語以上

意味を知るということは、自分の世界を広げること。

「旅鉄」視点で鉄道に関する言葉を写真つきで解説。ほどよいマニアックさを意識して誰でも楽しめるように作成しています。

聞いたことのある言葉や知らない言葉まで、意味を知ればより電車の旅が楽しくなるはず。

最新の記事

「下総神崎駅」から行くスポット巡り。利根川沿いはどんなもんじゃ?

 

こんにちは、ジョセフです。今回は成田線「下総神崎(しもうさこうざき)駅」から各種スポット巡りをしてみました。

 

立ち寄ってみたのが神崎町にある「神崎神社」「発酵の里こうざき」、香取市にある「道の駅 川の駅水の郷さわら」です。

 

こちらの3つのスポットはいずれも、千葉県と茨城県の県境である利根川近く。「神崎神社」はともかく、成田線の駅から利根川沿いに行くには結構距離があります。

 

よほどの事でない限りは車やバスで行きましょう。

 

 

 

7時 「下総神崎駅」から「神崎神社」を目指す


 

スタート地点となる「下総神崎駅」です。千葉県一小さな町「神崎町」唯一の鉄道駅で、電車は一時間に一本ぐらいしかきません。

 

まずは徒歩20分の場所にある「神崎神社」に向かいます。「なんじゃもんじゃの木」と呼ばれる町のシンボル的存在があるようですが、いったいどんなものなんでしょうか。

 

 

まずは駅近くの国道356号線を道なりに歩きます。

 

 

途中で神崎町を代表する酒蔵「鍋店」を通過。「こうざき酒蔵まつり」なんてイベントがありましたね。

 

 

神宿交差点。大きな看板のある方へ進みます。

 

 

森の中に入ると一つの鳥居が姿を現す。ここは神崎神社ではなく「八坂神社」です。神崎神社はもう少し先に進んだ場所にあります。

 

 

駐車場わきの上り坂を上っていく。なかなかきつい坂です。

 

 

坂を登り切ると「神崎神社」。小高い丘の上、神崎森の中にある神社です。ちなみに神崎森は千葉県の天然記念物に指定されています。

 

 

拝殿の隣には「神崎の大クス」こと「なんじゃもんじゃの木」が力強く根を張っている。

 

この「神崎の大クス」は「クスノキ」であり、国の天然記念物指定。なぜ「なんじゃもんじゃの木」と呼ぶのかというと、徳川光圀(水戸黄門)が当社を参詣した時この大木を見て

 

「この木は何というもんじゃろうか」

 

と自問自答したことから「なんじゃもんじゃの木」と呼ばれるようになったらしい。

 

 

この木は明治40年頃に火災で焼け、高さ7メートルほどで切断されている。そして切断部を見ると保護するように何かが覆いかぶさっている。

 

切断されても「ひこばえ」がよく育ち、実際の樹高は20メートル以上に達しているようだ。

 

 

木に見られる黒い部分は明治40年の火災で焼けた跡でしょうか?

 

 

「なんじゃもんじゃの木」は神崎町のマスコットキャラクター「なんじゃもん」のモチーフでもある。

 

神崎町名物のお酒と発酵食品が大好物、お茶目なてれ屋さんです。

 

 

 

7時50分「神崎神社」から「発酵の里こうざき」を目指す


 

次は道の駅「発酵の里こうざき」に行きます。全国初の「発酵」をテーマにした道の駅だそうです。

 

国道356号線の利根川沿いにあるようだ。

 

 

利根川沿いに出ました。川に架かる橋は千葉県神崎町と茨城県稲敷市を結ぶ「神崎大橋」です。

 

千葉県と茨城県を結ぶ橋だけど、千葉県の町の名前が橋に使われているのか。(だから何だよ)

 

 

利根川沿いの道路はなかなかのロケーションです。自転車に乗っている人をちらほら見かけます。

 

 

海から50kmか・・・・・なんとも言えない距離。

 

 

ビニールハウスの奥にいくつかの建物が見えます。あちらが道の駅です。

 

 

「神崎神社」から約30分、「発酵の里こうざき」につきました。マスコットの「なんじゃもん」がお出迎えです。

 

当駅ができたのは2015年4月。それなりに新しい駅のようです。

 

 

飛行機が設置されている。成田空港に比較的近いからだろうか?時間内であれば乗ることができるらしい。

 

 

ファミリーマートが併設されている。この辺りでは数少ないコンビニである。

 

当駅は「道の駅」兼「コンビニ」なのかな?

 

 

出入口に大きな木桶があるコチラは「発酵市場」。全国から集められた約400種類以上の発酵食品を販売している場所です。

 

お酒、納豆、味噌、ヨーグルト、醤油、漬物・・・・・

 

発酵食品って思ったよりいろいろあるぞ!!

 

 

実際に発酵食品をいくつか買ってみました。今回買ったのが

「塩糀(しおこうじ)ドーナツ」490円

「発酵ラー油(瓶詰め)」860円

「神崎納豆」150円

 

中でも「神崎納豆」は「発酵の里こうざき」がプロデュースした商品。地元産の大豆を使用しており、強い粘り気が特徴的です。

 

 

タレは付属していないので自分の好みでかけましょう。う~む、この粘り気と豆の味わいがたまらん!!

 

 

 

9時20分 「発酵の里こうざき」から「道の駅 川の駅水の郷さわら」を目指す


 

お次は「道の駅 川の駅水の郷さわら」に向かいます。こちらの道の駅は香取市にあるので、今いる神崎町から10km以上歩かなければなりません。

 

さて・・・・・頑張って歩くか。

 

 

10kmっつたらあの辺ぐらいまであるだろうな・・・・・。

 

 

利根川の反対は見渡す限りの田んぼ。広い、広すぎる。

 

 

香取市に入りました。まだまだ先は長い。

 

 

先ほどの道の駅からだいたい10kmぐらい。香取市の市街地に入った。スターバックスコーヒーやマクドナルド、身近なお店がこの市街地に集います。

 

 

「小野川」。この川は香取市の観光地である「佐原の町並み」につながっています。

 

 

約2時間40分、「道の駅さわら」につきました。当駅は直売所やフードコートのある道の駅「水の郷さわら」と利根川下流部の防災拠点「川の駅さわら」の二つの建物が立地しています。

 

上の画像の建物は「水の郷さわら」。直売所は多くの買い物客で賑わっていました。

 

 

こちらは「川の駅さわら」。利根川下流部の防災拠点と水辺利用拠点して機能する場所です。

 

2階は利根川の歴史や防災についての展示があり無料で見学できる。

 

 

駅の後ろには利根川が広がり、マリーナが整備されています。静かな水面をたたえる利根川でくつろぎのひととき・・・・・なんてのもいいですねぇ。

 

 

 

以上で「下総神崎駅」からのスポット巡りはおしまいです。千葉県の北総らしいというか、シブい場所だったような気がします。

 

今回の旅はこれで終わりではなく、次回も続きます。次回は香取市で開催されるイベントに立ち寄っていきます。

 

その名も「佐原の大祭」。関東3大祭りの一つに入るお祭りとのことだが、いったいどのようなお祭りなのか!?

 

 

 

TO BE CONTINUED・・・・・

 

 

 

今回のルート


 

下総神崎駅(2.1km)→神崎神社(2.3km)→

 

→発酵の里こうざき(13km)→道の駅 川の駅水の郷さわら

 

 

 

 

2019年07月16日成田線:下総神崎
» 続きを読む